リフォーム業者の選択

リフォーム業者を選ぶ

改築や改修を含めた家の内外装の改装全般がリフォームという言葉で表されることが多く、広い意味で使われています。
そんなリフォームを行う際に大切なのが業者選びです。
素人ではできない工事を中心としますので、どんなリフォーム業者に頼むのかが理想的なリフォームを行う為の鍵となります。

選び方は、気になる業者を何社かピックアップして、見積もりを出してもらいましょう。
ほとんどの業者は現地調査と見積もりは無料で行っていますので、予算とそれに合わせた理想に近い完成形のリフォームを行ってくれる業者を選んでください。

リフォームの希望を伝える際に、業者の方からプロの視点でアドバイスをしてくれるようなところですと、より信頼のおける業者と言うことができると思います。

契約時の注意点

見積もりなどから検討した結果、リフォーム業者を選んだら契約です。
契約書は、一般的には何種類かの書類からなりますが、その書類をしっかりと見落としなく確認することが重要です。
その場で全てを確認するのは難しいと思いますので、一旦その契約書類のコピーをとってもらって持ち帰ってからわからないところは調べたり聞いたりしなががら隅々まで確認します。
決して碌に契約書類を読まずに、その場で押印してしまうようなことは避けましょう。

特に契約書の中でも遅延損害金や瑕疵担保責任などは大切なこととなりますので、きちんと把握し、納得のいかないところは納得のいくまで質問してください。

リフォームはほとんどの場合が、決して安くはないお値段を支払って行われるものですので、慎重すぎるくらい慎重に契約を進めてください。