予算を決める前に相場を確認

改築にはいくら必要?

具体的な費用はどんな改築をしたいかによって違いますので、それぞれとしか言いようがないですが、一般的な改築の内訳として理解してください。

費用には工事費用の他に諸経費がかかり、工事以外のところの人件費や保険料、税金など諸々の経費がこれに当たります。
肝心の工事費用は、工事自体に当たる人件費や、改築に必要な材料費、設備費など工事内容によって変わります。
改築は建物を大なり小なり壊しますので、あまり簡単な工事という訳にはいかないケースがほとんどで、そうなるとある程度の期間が必要となり、期間が長くなるとその分、人件費もかさみますので注意してください。

また、工事途中でも該当部分だけではなく、その周囲の工事が必要になることもあります。
さまざまなパターンを想定して業者に見積もりをとってもらうことをお勧めします。

バリアフリー改修の費用相場

まずバリアフリー改修の費用は、先ほどもご紹介した通り、対象者には工事補助金制度が設けられていますので、必ず市区町村に確認してから行うようにしてください。

各バリアフリーを価格帯別にご紹介していきます。
10万円以内でできるバリアフリー改修は簡単なものが多いです。
例えば、トイレや壁などに手すりを取り付けるためには、その手すりの大きさや種類によっても違いますが、だいたい手すり代が約2万円前後で取り付け代金が約3万円前後のケースが多く、トータルで約5万円程度の費用がかかります。

約10万円から20万円以内でできるバリアフリーは、開閉式のお部屋のドアをスライド式に交換するなどです。
だいたい約15万円から20万円の間で行うことができます。

浴室などを大幅にバリアフリー改修をしたい場合は約50万円から100万円程かかってしまうことが多いです。